ひば猫@hivacat.org

個人的においしいと思った求人を毎日発掘して、紹介していくブログです。

現役採用コンサルタントが教える!転職の面接を上手に切り抜ける自己紹介のテクニックとは!


はじめして。就職コンサルタントの唐澤知良と申します。大学院時代にキャリアや転職に関する研究を行っていたこと、10年を超える人材紹介会社・教育系企業でのコンサルタントとしての経験、GCDF-Japanキャリアカウンセラーとして数多くの方の転職・就職サポートをしてきた経験から、中立的な立場として皆様の役に立つ情報をお伝えできればと思います。

今回は、転職の際の面接選考における「自己紹介の重要性」についてお伝えしたいと思います。たかが自己紹介、されど自己紹介、面接全体の流れを決める大切な瞬間です。人事の目線も含めてご紹介してまいりますので、読んでいただいてご自身の自己紹介と何が違うか振り返る機会にしていただければと思います。

 

転職面接で自己紹介を求められる理由

まず最初に、そもそもなぜ自己紹介をする必要があるのかを考えたいと思います。それには大きく2つの理由があります。

一つ目は、人事が「その人のコミュニケーション能力を面接の冒頭で図りたい」というものです。

限られた面接時間の中で人事は必要な情報を収集するために質問をしなければなりません。自己紹介で必要な情報を、長くなりすぎずに適切に伝えられているかどうかなどを最初に見ることによって、そのあとの面接の流れを頭の中で設計します。

そのため、ここで必要以上に長く話をしてしまうことでマイナスな印象を与えてしまったり、場合によってはその瞬間にお見送りが決定したりと、面接自体の結果を大きく左右しかねないのが自己紹介です。ポイントを押さえて、シャープな自己紹介でよい印象を勝ち取ることができると、合格・内定をぐっと引き寄せることができます。

二つ目は、あなたの経歴を把握するためです。

これは当たり前と言ってしまえば当たり前のことなのですが、面接で話す相手・面接官がどんな方なのかを考えてみるとこの言葉の意味をご理解いただけるかと思います。

例えば、面接官が人事ではなく現場で一緒に働く方(例えば営業担当)であったり、上司にあたる方だったり、役員や社長だったりすると、面接直前まで別の業務を行っており、どうしても面接前にあなたの履歴書に目を通せていないこともあります。

こちらも当たり前のことといえば当たり前のことであるのですが、中途採用の面接というのは通常業務の合間に行われていますので上記のようなことが発生することがあります。その際に、最初に自己紹介を話させることでどんな人なのか、そんな経歴を持っているのかをざっと確認する作業を行えます。ここでしっかりと経歴を伝えることでスムーズに面接に入ることができます。

どちらの理由も、しっかりと自己紹介をお話しすることで良いアピールになりますので、このチャンスをうまく使いましょう。自己紹介をする前提として、あなたのことを全く知らない人に投げかける最初の一言ですので、細心の注意を払ってお話しできるとよいですね。

 

自己紹介で話すべきことと話さなくてよいこと

では、自己紹介ではどのようなことを話すべきか、逆に話す必要のないことはどんなことなのかについて触れていきたいと思います。

転職希望者と面談している中で「自己紹介でできるだけアピールしよう!」「なるべく長く話した方が良いのではないか」とお考えになっている方が非常に多くいらっしゃいます。面接なのでしっかりとアピールすることは大切ですが、「自己紹介」においてはそれはまだ不要です。

アピールしたい点は自己PRをお願いしますと言われたときに存分にしてもらえればと思いますし、そのあとの面接時間の中でいくらでもアピールするチャンスはやってきます。ですので自己紹介ではあくまで自分のことをサラッとお話しするようにしましょう。イメージで言うと「履歴書を全体的に触れる」といった感覚です。例を出してみましょう。

「初めまして。〇〇と申します。〇年に〇〇大学〇〇学部を卒業したのち、1社目の〇〇株式会社に入社いたしました。そこでは営業部に配属され〇年間中小企業への法人営業を行ってまいりました。様々な工夫をすることで全営業担当100名中5番目の売り上げ成績でした。その後〇年に2社目の株式会社〇〇に転職し、こちらでも法人営業を〇年担当しております。主に1000名を超える大企業を中心に担当しております。本日はよろしくお願いいたします。」

このくらいの内容で、ゆっくりお話いただくと1分~1分30秒程度の長さになるかと思います。これくらいシンプルで問題ありません。
ついつい転職した理由や志望の理由を入れてしまいたくなるお気持ちもわかりますが、これくらいシンプルにまとめられると面接の中での第一声としては及第点かと思います。面接官や人事への印象も悪くないかと思います。

自己紹介の最後に「本日はよろしくお願いいたします。」と伝えることもお忘れなく。私の話す時間はここで終了ですという意思表示を面接官にもしっかりと伝えましょう。そして、アピールしたい内容があれば、ここで軽く伝えておくということも非常に大切です。

上記内容を聞いて「様々な工夫をすることで全営業担当100名中5番目の売り上げ成績でした」という内容の「様々な工夫」とはなんだろう?と思われた方もいるのではないでしょうか。ここがテクニックです。上記の自己紹介をした後に、面接官がそこについて質問をしてきたらあなたの勝ちです。その際は存分にアピールポイントをお話しください。

もう一つのテクニックとして、初めての面接であったり、第一志望で絶対受かりたい企業の面接などで緊張している場合には自己紹介の最後に「御社は志望度の高い企業ですので、少々緊張しています」と付け加えてもよいと思います。それで評価が下がることはあまりありませんし、「緊張されていらっしゃるのですか?あまりそんな風には見えませんよ(笑)」とむしろその場の雰囲気が和むこともあります。

また、緊張しているということを口にすることで少しだけご自身の緊張がほぐれることもあります。緊張して困ったなということがあれば、アイスブレイクの意味合いも込めて思い切って緊張していることを自己紹介の中でお話ししてしまってもよいかもしれませんね。

 

事前に準備することと注意点

大前提として面接で聞かれる質問、例えば、志望動機、退職理由、ご自身の強みや弱みなどについては、基本的に暗記はしないほうが無難です。

暗記してお話しされる内容というのは相手に「これは暗記した内容をそのまま話しているな」とすぐにわかってしまうものです。
数多くの面接をこなしている人事であれば尚更すぐにわかります。
ですので、事前に面接の想定質問を暗記して面接に臨むことはあまりお勧めしていません。

しかし、自己紹介については暗記してしまってもよいと思います。
なぜなら、志望動機のように相手によって内容が変わってくるものではないこと、どの企業でもお話しする内容がそこまで変わらないこと、面接の最初に話す機会が多いことから、一つの型が決まっていることで面接にスムーズに入れるというメリットがあるからです。

ただし、暗記した内容を一言一句間違えずにお話をするというよりは、何度も何度も話しているうちに自然と覚えることができて普段の会話のように自然にお話しできるような覚え方をして頂くとよいと思います。そのためには、「とにかく回数を話すこと」です。

できれば、ご家族や友人などに聞いていただいて、お話されている印象や内容に違和感がないかどうかなどをフィードバックしていただくとよいと思います。身内にそういった方がいらっしゃらなかったり、誰かに聞かれることが恥ずかしいという方は、スマートフォンなどでご自身の動画を撮影してそれを見返してみてください。

自分の想像しているお話しぶりと実際のお話しぶりがけっこう違うことに驚かれると思いますよ。その時に、声のトーンや笑顔や目線もしっかりと確認しておいてください。
 

 

新卒と中途での自己紹介の違いとは

新卒採用の面接は受けたことがあるが、中途採用の面接を受けたことがない方もいらっしゃるかと思いますので、こちらにも少し触れていきたいと思います。

新卒採用で主に見られるのは「ポテンシャル」です。人事は「この人が社内にいたら円滑に仕事は進むだろうか?」「他のメンバーとは問題なくコミュニケーションが取れるだろうか?」という点を「想像」しながら面接してきます。

中途採用では、これらに加えて「業務を問題なくこなせるだけの経験があるのか」「これまでの業務経験の中で自社の業務で活かせる経験があるのか」「採用することでどんなメリットがあるのか」という「実態」をもとに面接が行われます。

新卒採用では学生は働いたことがありませんので、その他の項目(サークルやアルバイトなど)でポテンシャルをアピールします。中途採用では応募者は働いたことがあるのでその経験や実績をアピールする必要があります。

中途採用での自己紹介のポイントは「業務経験」をいかにコンパクトにかつ相手に突っ込ませるように話せるかどうかです。自己紹介の中にこれまでの経験をしっかりと盛り込むことが大切です。

 

まとめ

面接もコミュニケーションの一つであり、相手がいるものです。
初めて会った方とキャッチボールをすることを想像してみてください。初めて会った方とキャッチボールをする際に、いきなり剛速球や変化球は投げる方はあまりいらっしゃらないと思います。

初めてお会いする方ですので気を使いますよね?まずは相手がキャッチしやすいように軽く緩やかな山なりのボールを投げて自分と相手の肩を慣らしてから、徐々に速い球や変化する球を投げていくかと思います。

自己紹介はその最初の一球です。キチンと相手の手元に、適切な速さのボールを返せるように事前の準備をしておきましょう。皆様が面接で適切な自己紹介で内定に向けたアピールができることを願っております。