ひば猫@hivacat.org

個人的においしいと思った求人を毎日発掘して、紹介していくブログです。

転職してマーケティングをやりたい!未経験の人が知っておくべき内容まとめ

「今人気のマーケティング職に転職したい...」

企業のWEBマーケティングやアフィリエイトが注目されている時代なので、未経験からマーケティングに携わりたいと考えている方も多いでしょう。

しかしマーケティングに転職したい人は多いものの、そもそもマーケティングの本質を理解している方は少ないでしょう。

そこで今回は、そもそもマーケティングとはどのようなことを行うのか、どのようなメリット・デメリットがあるのか、未経験からでも転職可能なのか、といったことを解説していきます。

マーケティングにかかわる職種を解説

マーケティングとは、市場をリサーチして企業に必要な戦略やサービスの策定、改善等を行う仕事です。これは大まかな定義ですが、企業によってその手法は様々です。また、ひとことにマーケティングと言ってもマーケティングプランナー、webマーケティング担当、プロダクトマネージャーなど職種は複数に分かれます。

マーケティングプランナーとは、文字通りマーケティングを通して企業の戦略方針全般を決定していく仕事になります。詳細は企業によって異なりますが、経営者に近い立ち場で市場や自社の状況を分析して戦略を決定していきます。

経営者に近いので、経営者がそのままマーケティングプランナーの役割も兼ねるケースも多いです。特に中小企業ではマーケティングプランナーという職種を設けているわけではないので、経営者や役員がマーケティングプランナーの役割を兼ねています。

次にwebマーケティング担当はインターネットを通じてマーケティングを行います。現在はすべてのマーケティングにおいてインターネットは主要ツールなので、マーケティングプランナーやwebマーケティング担当の仕事を明確に区分することは難しいです。

プロダクトマネージャーは商品の開発から販売までの責任者ですが、その過程でマーケティングも行います。プロダクトマネージャーに限らずたとえばプロジェクトマネージャーでもプロジェクトの策定、改善の過程でマーケティングを行うことになるので、マーケティング要素を含む職種まで含めるとマーケティング関連の職種は多岐に渡ります。

そのため、今回は主にマーケティングを専業にしている職種に絞って解説します。そうすると、主にマーケティングプランナーとwebマーケティング担当に区分できます。イメージ的にマーケティングプランナーの方が役割が広範囲に渡りますが、主要ツールがインターネットなのでwebマーケティング担当と結果的に役割や手法はそれほど変わりません。

マーケティング職の名称は企業によっていろいろな名称が付けられていますが、今の時代のマーケティングは基本的にwebマーケティングと考えて間違いないでしょう。特殊な製品やプロジェクトのマーケティングはネット上に情報がないため別の手法を取ることになりますが、たとえばIT系ベンチャー企業のマーケティング職などはインターネットでの情報収集を中心に行い、そこから戦略策定、改善を行います。

 

マーケティングの仕事に必要な能力とは?

マーケティングは情報収集から戦略作成や改善を行うのが仕事なので、まずデータ収集、分析のスキルは必須になります。企業独自のビッグデータ等収集してきたデータを活用する場合もありますが、webマーケティングが中心になるのでwebサイトを読んで判断する能力も重要です。

また他部署や他社と連携する場合はコミュニケーション能力も重要です。人間関係を円滑にするための雑談能力もある程度は必要ですが、それ以上に情報収集した結果やそこから考えた戦略や改善策を書類にまとめて人に説明しなければならないので、ロジカルシンキングをベースにしたコミュニケーション能力は必要不可欠です。

マーケティングの仕事に必要な能力を踏まえると、この仕事に向いている人は幅広い視野を持ちながら細かいデータ分析も苦にならない人が良いでしょう。「風が吹けば桶屋が儲かる」という古くからの言い回しがありますが、一見関係なさそうな要素が企業の収益に関係します。

特定の要素に固執し過ぎるとビジネスチャンスを見落としたり改善策が見つからないまま負の連鎖にハマってしまうことがあるので、幅広い視野を持って様々な切り口からマーケティング戦略を提案できた方が圧倒的に有利になります。

たとえば商品販売一つ取っても、直接販売だけでなくwebサイトや通販サイトやSNSを通しての販売戦略や、日本国内だけでなくその製品が売れそうな国を選定して販売戦略を立案できた方が売り上げが伸びる可能性が高いです。

ただし戦略の幅を広げるためにはインターネット上の商品販売事情や、各国の商品の売れ行き事情を把握している必要があります。普段からアンテナを張っていないと戦略が思いつきもしませんし、仮に思いついても日々の情報収集の積み重ねがないとゼロからリサーチしなければなりません。

マーケティング担当者は日々情報収集を行うことで発想の幅広がり、なおかつ実際にマーケティング戦略を取る際にも知識があった方が有利です。

 

マーケティングの仕事のメリットとデメリットは?

マーケティングで身に付く能力は大まかに分けると幅広い視野と深い分析能力です。その他文章能力やコミュニケーション能力も身に付きますが、マーケティングならではのスキルと言えば幅広い視野と数値に基づく分析能力でしょう。

マーケティングを通して世の中のことが広く深くわかるので、独立しやすく、なおかつマーケターとしてだけでなく別業界の経営者としても独立しやすいです。日々ニュースやインターネット上の情報に目を光らせそれらを深く分析することになるので、人々のニーズやどのような戦略を取れば収益化しやすいのかといったことが論理的な根拠付きでわかるようになります。

もちろんマーケティングで分析したからといって100%うまくいくわけではありませんが、現状と過去のデータを元に判断するので成功率を高めていくことができます。たとえば気象予報士は現在の天気と過去のデータを照らし合わせて今後の天気を予測しますが、マーケティングの手法もこれに似ています。

天気だけでなくあらゆる分野で現状と過去のデータを照らし合わせて分析するので、ビジネスの手法として幅広く役立つでしょう。マーケティングのデメリットとしては、実は非常に地味な作業なので、根気が必要ということでしょう。

また慣れないうちは分析やその結果をまとめる作業に時間が掛かるかもしれません。マーケティングの手法は様々ですが、いずれにしても自分で手法を模索していく必要があります。先が見えないなかで試行錯誤しなければならないので、人によっては不安やプレッシャーを感じるかもしれません。

マーケティングの仕事は地味で退屈な部分も多いですが、身に付くスキルは経営を含めビジネス全般に役立つものです。私自身フリーランスで企業のマーケティングを代行した経験がありますが、作業自体は地味なものでした。

ツールや競合企業を見て分析した内容をエクセルやマインドマップを使って地道にまとめ、その分析結果から消費者ニーズを考え、コンテンツ化、商品化していくような作業になります。

結局のところビジネス全般地味で地道な作業なので、マーケティングを通じてそのことも学べます。
 

 

未経験でも転職できるの?

マーケティング未経験からの転職は可能です。ただし、企業に入ってからマーケティングのノウハウを一からきちんと教えられるわけではありません。マーケターは単なる作業者ではなく絶対的な正解がないなかで試行錯誤する必要があるので、そもそも何をするのかを含めて自分で考える必要があります。

たとえばコンサルタントがコンサルティングするにあたって、そのやり方を人に教えてもらうことはありません。むしろコンサルタントは分析結果を人に教える立ち場です。マーケターもそれと同じで、分析した内容を他部署の人に連携していく立ち場です。

未経験だからといってそれは変わらないので、その企業の業務等を改善して自分が引っ張っていくことになります。マーケティングに活かせる職業としては、エンジニア、ライター、コンサルタントなどが挙げられます。

 

未経験者がマーケティング業界で言うべき志望理由とは

未経験者の志望理由としては、なるべく抽象的な話は避けた方が良いでしょう。たとえば新卒の学生がよく言うような、マーケティングを通じて社会貢献、マーケティングを通じて業務改善、人と関わりたい、といった抽象的な話をすると会話が表面的になりがちなので、なるべく具体的に入社後やりたいこととその結果企業にどのようなメリットがあるのかを伝える必要があります。

たとえば私の場合企業のwebサイトのマーケティングやコンテンツ制作を受注することがありましたが、そのときの面接では具体的な作業とすでに分析した結果を提示するようにしました。

webサイトなどは外部からもツールを使っての分析と、コンテンツを見た結果自分なりに問題点と改善策の洗い出しが可能なので、失礼のない範囲でそれらの成果物を提示した方が企業担当者としても具体的なメリットがわかります。

面接ではなるべく抽象的な発言は控え、自分がやるべき作業を具体的に説明し、現状の問題点や改善した結果についても数値を交えて具体的に話せるとベストです。マーケティングを通じて御社の業務改善に貢献したい、だけでは中身がわからないので、マーケティングの中身と業務改善の中身を個々の作業単位で具体的に話すようにしてください。

そうすることによって、企業の採用担当者はあなたを雇ったら具体的に何をしてくれるのか、その結果どのようなメリットがあるのか、といったことを一つ一つの作業単位で細分化してイメージすることができます。

フワッとした抽象的な会話で終わってしまうと企業の採用担当者も会社のお金を使ってあなたを採用するという判断に踏み切れないので、なるべく相手が収益に対する確証を持てるようにすると良いでしょう。

 

まとめ

マーケティングの仕事内容や必要スキル、メリット・デメリット等について解説してきました。マーケティングは広い視野と細かい分析の両方が必要な仕事なので、世の中のことを広く深く知ることができます。

マーケティングを通して培ったスキルはビジネス全般に役立つので、独立にも便利です。ただし、マーケティングの仕事は決して華やかなものではありません。芸能人のような特殊な仕事を除けばビジネス全般一つ一つの作業は地味なのですが、マーケティングはそのなかでも特に地味と言えるでしょう。

マーケティングは地味な作業ですがその積み重ねでビジネスに役立つスキルを身に付けることができるので、チャレンジしてみる価値は十分です。