ひば猫@hivacat.org

個人的においしいと思った求人を毎日発掘して、紹介していくブログです。

ちょっと待った!フリーランスに転職する際に注意すべき要点を紹介

フリーランスという働き方を選択する方は年々増えています。そして、今後も増えていくでしょう。
これは日本に限った話ではなく、先進国では同様にフリーランスの人口が増えています。
そのため、日本でも今後より一層フリーランス人口が増加することはほぼ間違いありません。

それでは、みんながフリーランスを目指すべきなのでしょうか?たしかに組織に依存せずに働けるメリットは大きいように思えますが、デメリットは問題にならないのでしょうか?

このページでは、フリーランスになることで得られるメリットや、知らなかったではすまされない事前に知っておくべきデメリットについて解説します。

そもそもフリーランスとは

フリーランスとは、会社や団体に所属せずに個人で働く人のことです。個人事業主として登記してもしなくてもどちらでも良いのですが、登記した方が税金面等でお得になる可能性が高いです。

また屋号を掲げても掲げなくてもどちらでも良いのですが、掲げた方が取引先の方に覚えてもらいやすかったり、セルフブランディングがしやすかったりします。あとは自分のモチベーションアップにもつながるでしょう。

登記や屋号の問題はありますが、それらの手続きをしていなくても個人で収入を得ていればフリーランスとなります。必ずしも個人事業主として登記していなくてもフリーランスとして活動できるということです。

ただし、法人登記したら従業員がいなくても経営者になります。法人という形態を取ったらそれはフリーランスではないので、フリーランスは個人で活動していて、なおかつ法人という形態を取っていない人限定です。

法人という形態を取ったら従業員がいてもいなくてもフリーランスではなく経営者になりますが、逆に法人登記していなければ協力者がいてもフリーランスとなります。たとえば、法人登記せずに活動しながら、報酬を支払って人に業務を依頼している方もいます。

フリーランスが人に報酬を支払って仕事を依頼した場合は委任契約か請負契約かの業務委託契約になります。詳細は割愛しますが、フリーランスで人を雇っても従業員ということにはならないので、法人登記しない限り人を雇ってもフリーランスはフリーランスのままです。

フリーランスの定義やシチューエーションごとにフリーランスに該当するのかどうかを説明しましたが、ポイントとしては組織に所属しておらず、なおかつ法人登記していないという点になります。

 

フリーランスなることで得られるメリットとは?

フリーランスになることで得られるメリットは、働き方の自由度が上がる、自分で仕事を取ってスケジュール管理できるということです。会社員はほとんどの場合出勤時間も業務内容も決まっていますが、フリーランスの場合取る仕事の内容もスケジュールも自分で決めます。

自分の頑張り次第で収入を上げることも可能です。逆に子育て等に労力を割くために仕事をセーブすることも可能です。フリーランスは軌道に乗ればワークライフバランスを保ちやすいので、これは大きなメリットと言えます。

労働と収入のバランスという点でフリーランスは自由度が高いですが、それと同時に仕事の方向性でも自由度が高いです。たとえば、会社員の場合身に付けたいスキルが明確になっていてもそれに関する仕事ができるとは限りません。

SEを例に挙げると、会社員の場合Javaやオブジェクト指向言語でWEBアプリケーションを開発したいと思っていても、COBOLで古いシステムの改修を行うことになるかもしれません。

会社に要望を伝えればある程度希望通りにはなりますが、フリーランスの方が仕事選びの自由度は圧倒的に高いでしょう。スキルアップの方向性が明確な方は、フリーランスの方が自分の思った通りに仕事しやすいです。

 

フリーランスになることで生じるデメリット

上記の通りフリーランスにはワークライフバランスやスキルアップの方向性を自分で決めやすいという点でメリットがありますが、逆にデメリットもあります。具体的には、確定申告、源泉徴収、年末調整等をすべて自分でやらなければならないことや、会社員に比べて収入が不安定といったことです。

まず税金を含め事務作業はすべて自分で行う必要があります。税理士に依頼することも可能ですが、最初は金銭的に厳しい場合も多く、税理士に依頼するにしても自分で一通りできるくらいの知識がないと後々困る可能性があります。

税理士に依頼しても知識がまったくないと会話がかみ合わず二度手間です。また知識不足を理由に税理士に足元を見られる可能性もあるので、すべて一人でできるレベルの知識を身に付けた方が良いです。

フリーランスになって収入が少ないうちは、費用負担を抑えると同時に勉強にもなるので、税務手続き等の事務作業は自分でやってみると良いでしょう。今後フリーランスでやっていくための勉強として好奇心を持って税金等事務作業に取り組める方なら良いのですが、人によっては苦痛に感じるかもしれません。

特に確定申告に備えて普段から領収書を整理したり帳簿を付けたりしなければならないので、慣れないうちは面倒に感じるかもしれません。今はインターネット上に情報が多いので仮に青色申告を行うにしてもそれほど難易度は高くないのですが、拒絶してしまうと情報も入ってきません。

税務手続きの勉強も好奇心を持ってできればフリーランスの仕事を通して社会勉強になりますが、それが嫌な人にとっては大きなデメリットになります。源泉徴収や年末調整も確定申告同様です。

次に、収入の不安定さという点でもフリーランスにはデメリットがあります。会社員の場合たとえ体調が優れず仕事がうまくいかなくても一定の収入が入ります。しかし、フリーランスの場合たとえば体調不良で仕事ができなくなると収入が減ってしまいます。

人間誰しも調子の良いときと悪いときがあるかと思いますが、調子が良いときはフリーランスの場合やればやるだけ収入につながります。調子の良いときに軌道に乗れば、会社員以上の稼ぎが出ることも多々あるはずです。

しかし、逆に調子が悪く思うように作業できないことが続けば、収入は減ります。最悪の場合収入がゼロになってしまいます。同じフリーランスでも不労所得化できるタイプの働き方なら調子が悪くても勝手にお金が入ってきますが、特に労働集約型の働き方をしている場合自分自身が働けなくなったら金銭的に困ることになります。

フリーランスは目先のお金を稼ぐことも重要ですが、継続的に働くための体調管理や不労所得化は会社員以上に考えなければなりません。会社員のように最低限の保証があるわけではないので、調子が良いときのことでなく何かしらの要因でうまくいかないときのリスク管理も自分で行わなければなりません。

 

どんなスキルがあればフリーランスになれる?

フリーランスの働き方や業種は多様化しているので、フリーランスに必要なスキルに関して明確な定義はありません。そもそもフリーランスによってメイン業務が人それぞれです。具体的には以下のような仕事があります。

  • ライター
  • 受託開発エンジニア
  • 個人開発エンジニア
  • デザイナー
  • アフィリエイター
  • 投資家
  • せどり

主に以上のようなジャンルがフリーランス化しやすいです。他にもたとえばマーケター、コンサルタント、ファッションアドバイザー、なんでも屋、などでフリーランスとして活動している方もいます。

ただし少数派なので、上に箇条書きしたようなものが王道です。まずライターに関してですが、ライターは文章力が求められます。WEBライティングのノウハウや、執筆ジャンルに関する知識を深めることで仕事が円滑に進みます。

文章力と言っても文学的なスキルではなく、読み手にわかりやすく情報をまとめるスキルになります。次に受注開発エンジニアは一定の開発スキルが求められます。案件によって詳細は変わりますが、VBAでの軽いプログラミング案件などもあります。

基本的にはパソコン一台で作業するので、軽い処理から実装しやすい言語を勉強した方が役立ちます。個人開発エンジニアはヒット商品を生み出せれば儲かりますが、需要がなければ収入になりません。

個人開発を行うのであれば、フリーランスになる前に会社員として働きながら並行して副業から始めるか、確実に収入が入る受託開発と並行するのがおすすめです。なるべくリスクを減らしてフリーランス化するのが理想なので、やりたいことだけでなくリスク管理に対しても考えた方が良いでしょう。

デザイナーもエンジニア同様受託してデザインするケースもあれば個人でゼロからデザインするケースもあります。収益の考え方もエンジニア同様で、受託の方が安定度はありますが個人でゼロからやった方が大きく儲かる可能性はあります。

アフィリエイターはアフィリエイトサイトを立ち上げて広告収入等で稼ぐビジネスですが、会社員から始めてアフィリエイトでフリーランス化する人は多いです。作業内容はライターと似ていますが、サイトをゼロから自分で立ち上げる点と、受託ではなくすべて自分でやるので確実に儲かるわけではないという点が異なります。

ただしアフィリエイトは軌道に乗れば不労所得化できるので最終的にはライターよりも儲かる可能性が高いでしょう。投資家は言わずもがなフリーランスが多く、不労所得化できます。

ただし会社員の副業で投資してみて儲かってからフリーランスになるのが一般的です。また暴落するリスクもあるので、その辺のリスクヘッジができてからでないとフリーランス化するのは危険です。

せどりは安く仕入れて高く売るビジネスで、数年前まではせどりでフリーランスに移行する人が多かったです。しかしせどりは労働集約型でなおかつ販売サイトの規制によって稼げなくなるリスクもあるので、せどり一本でのフリーランス以降はあまりおすすめできません。

せどりでフリーランス化するのであれば、他にメインとなる事業を持った方が安全です。これらの副業に必要となるスキルがそれぞれ求められます。

 

フリーランスに向いている人とはずばり自分を律することが出来る人?!

フリーランスに向いている人は、以下のような条件を満たしています。

  • 一人で作業することが苦痛ではない。
  • 自宅でも作業できる。
  • 自己管理ができる。
  • モチベーションを維持して勉強を続けられる。

以上の要素が必要です。まずフリーランスは自宅で一人で作業することが多いので、自分一人でも自己管理しながら作業を進める必要があります。自宅で集中できないからカフェ等で作業する方もいるかと思いますが、毎回外で作業するのは大変です。

自宅で集中できた方が基本的には効率的なので、家でも勉強できるような方の方がフリーランスに向いていると言えるでしょう。集中力をキープすることはもちろん、朝きちんと起きることなども重要です。

フリーランスは夜作業する夜型タイプでも問題ありませんが、いずれにしてもきちんと時間管理して作業しないと納期に間に合わなくなるでしょう。フリーランスは誰に監視されているわけでもないので、自分でスケジュールを立てて作業しないといけません。

そして、フリーランスは会社員に比べて生き残るための努力が重要です。会社員の場合特別なことをしなくてもとりあえず会社に行ってさえいれば最低限の給与は保証されます。しかしフリーランスの場合スキルが至らないと仕事をもらえないので努力が必要です。

一度スキルアップしてもそれが陳腐化すれば当然仕事はなくなるので、常にスキルアップを図る必要があるでしょう。やったらやっただけ儲かるのでそれがモチベーションになって頑張れる方にはフリーランスは合っています。

逆にスキルアップのために努力したくない方はフリーランスで食べていけなくなる可能性があるので、会社員の方が安全でしょう。

つまり、会社員の方でただでさえ普段の仕事をめんどくさがっている人が、「楽そう」「自由そう」といった理由でフリーランスになるのはNGですね。

 

快適なイメージが多いフリーランスだけど実際は大変?!

フリーランスと言えばノマドや在宅で自由に働けるイメージがあるかと思います。それは事実なのですが、決して楽なわけではありません。軌道に乗るまでは数多くの失敗や試行錯誤を繰り返すことになり、軌道に乗ってからも心配の種は尽きないかもしれません。

たしかに頑張り次第で不労所得化できて自由になれますが、そこに至るまでには苦しむ可能性も高く、自由度が高いからといって楽をして遊んでいる余裕はないでしょう。仕事のスケジュール上遊んでいる時間がないということもあるかもしれませんが、それ以上に精神的な余裕がなくなる可能性が高いです。

会社員の場合当面の生活の心配はありませんが、フリーランスの場合特に最初のうちは常に仕事のことや今後どうやって安定させていくかに悩むことになり、たとえば世間が長期休暇で旅行などに行く人が多くても自分はそのような気分になれないかもしれません。

当面の生活や将来に大きな不安を抱えている状態ではとても旅行や休暇を楽しむ余裕はないので、フリーランスで自由だからといって精神的に自由になれるわけではありません。ただし、そういった厳しい環境を乗り越えれば世の中で思われているように時間的にも精神的にも自由な生活ができるようになることはあります。

 

フリーランスは仕事を待っているだけじゃだめ!自分で市場に攻める姿勢を!

フリーランスの仕事の取り方は様々です。たとえばSEの場合、会社員時代に在籍していた開発現場にそのままフリーランスとして残るケースも多いです。ただしその場合会社員とほとんど働き方は変わらないので、なるべくならノマドや在宅で働きたいと考えられている方は多いでしょう。

その場合の仕事の取り方は、もともと持っている人脈を活かして仕事をもらうか、それがない場合はクラウドソーシングサイト等を通じて仕事をもらうことも可能です。今の時代はフリーランスが仕事を取るための土台が整っているので、インターネット上だけで仕事をもらうことが可能です。

次に、そもそも仕事を取るのではなく自分から創出しているフリーランスもいます。たとえば、個人アプリ開発やアフィリエイトの場合仕事を受注するわけではありません。自分発信で成果物を市場に提供し、そこに広告を載せるなどの方法で収益化します。

受託と違って大きく稼げる可能性がありますが、逆に収入にならない可能性もあります。戦略はフリーランス一人一人異なりますが、収入、リスク、ワークライフバランス、といった要素をバランスよく加味し、自分に合った働き方を決めていきます。

 

知らなかったじゃすまされない!フリーランスになる前にこれだけはやっておこう!

会社員がフリーランスになる前にやっておいた方が良いことは、以下です。

  • クレジットカードやローンを組む必要があるなら会社員のうちにやっておく。
  • 保険の手続きを済ませておく。

仕事面でのスキル要件を満たすことや実際に受注する案件等の確認作業は当然なので割愛しますが、それ以外にも事務的な面でしておいた方が良いことは上記です。まずクレジットカードやローンの審査はフリーランスだと審査で不利になります。

稼いでいるフリーランスなら審査にも通りやすいのですが、駆け出しのうちは会社員よりも不利になります。そのため、なるべくなら会社員の信用を使えるうちに使っておくと良いです。

次に保険に関してですが、フリーランスは国民健康保険に加入するか会社員時代の保険を継続するか選択することができます。どちらがお得かは会社員時代に加入していた健康保険によるので、それも含めて会社員のうちに調べておいた方が良いです。

というのも、健康保険を任意継続する場合退職後20日以内に申請しなければなりません。20日を過ぎると国民健康保険しか選択できなくなるので、損をしないためにはあらかじめ調べて決めておいた方が良いのです。

実際保険のことまで頭が回っておらず、あとから後悔するフリーランスがあとを絶ちません。審査のことや保険のこと以外にも開業届、青色申告承認申請、名刺、といった事項がありますが、あれもこれもやっていると大変です。

少なくとも上記の二つは会社員時代にやっておいた方が良いでしょう。名刺や開業届はあとからでもなんとかなりますが、余力のある方はその辺も調べて手続きを済ませておくと良いかもしれません。

 

終わりに

会社員からフリーランスへの転職は夢がありそうですが、実際のところ夢がないわけではありません。頑張り次第で会社員時代よりも収入が大幅にアップし、不労所得化していくことも可能でしょう。

しかし、そこに至る過程では会社員以上に苦労する可能性が高く、特に最初のうちは時間的、労力的な問題だけでなく特に精神的に遊んでいる余裕はないかもしれません。当面の生活費に困ったり、将来に大きな不安を抱える可能性もあります。

フリーランスとしての仕事が大変ななかでよくわからない事務手続きについて調べたりやらなければならないことも多いのですが、それでも前向きにスキルアップして頑張っていける方ならフリーランスでもやっていけるでしょう。