ひば猫@hivacat.org

個人的においしいと思った求人を毎日発掘して、紹介していくブログです。

プレミアムフライデーで忙しくなるバイトとは?

ニュースでやってたプレミアムフライデーって?

プレミアムフライデーに忙しくなるバイトとは?

みなさんはプレミアムフライデーを知っていますか?プレミアムフライデーを簡単に説明すると、月末の金曜日は仕事をいつもより早く切り上げて、お買い物したり、飲みにいったり、遊びに行ったりしていっぱいお金を使おうよ!っていう政策です。笑

しかし、このプレミアムフライデーを導入している企業はほんの一握りであって大半の方々はこのプレミアムフライデーを経験できていないのが現状であります。

実際にプレミアムフライデーが導入され、いつもより仕事が早く終わる方ももちろんいます。
しかし、その一方でプレミアムフライデーを導入されてはいるものの、残業をしなければいけない方も多いのが実際のところ。

しかもよく考えてみたら時給で働いているバイトの方々にとっては働く時間が短くなるため、給料が少なくなってしまいます。

サービス業のアルバイトスタッフの方にとってはいつもより仕事が忙しくなるし、正直勘弁して欲しいという声もあがっています。

それはそうですよね?だっていつも以上に忙しいのに、給料は変わらないんですもん。出来ればシフトをいれたくないですね。

そこで、今回はプレミアムフライデーの日に忙しくなるバイトをご紹介します。

プレミアムフライデーの日に忙しくなるバイトはどんな仕事なのでしょうか?

皆さんも一緒に考えてみてください。

あーやっぱり!そうだよなぁってバイトから、えっ!っていう意外なバイトが見つかると思います。

まずは、プレミアムフライデーについての現状をまとめていきます。

プレミアムフライデーとは何か?

プレミアムフライデーって何?

周りに流されてプレミアムフライデーとか盛りあがっている私ですが、正直ちゃんと意味が分かっていなかったのでしっかりと調べてみることにしました。

プレミアムフライデーは、2017年に日本国政府および経済団体連合会を中心とした、経済界が提唱・推進する、毎月末金曜日(フライデー)に、普段よりもプレミアムな生活を推奨する個人消費喚起キャンペーン。

午後3時(15時)に仕事を終えることを奨励する働き方改革とも連携し、給与支給日直後に該当しやすい月末金曜日には、夕方を買い物や旅行などに充てることを推奨している。2017年(平成29年)2月24日より実施された[5]。

引用元:wikipedia


内容だけみるとプレミアムフライデーって素晴らしい政策であることは確か。働き方を見直すキッカケにもなるしお金を使うことで経済が動くきっかけにもなりますね。

普段忙しくて中々旅行に行けない。なんて方もプレミアムフライデーを利用すれば、仕事が終わった後、すぐに飛行機に乗れば現地まで行くことができますし、金曜日の夜から二泊三日の旅を楽しむことができます。

また、仕事が終わった後にとことん同僚や友達とお酒を飲むなんてことも全然アリですね。

まさにプレミアムっていうこと言葉がぴったり当てはまります!

とは言うものの、実際は月末の金曜日なんてとにかく忙しいし、稼ぎどきなの早上がりなんて不可能に近い業種がほとんどです。

調べていく上で、プレミアムフライデーを導入したときの良いところはわかったけど、悪いところはあるのか疑問が出てきました。そこで、プレミアムフライデーのデメリットについても調べてみました。

プレミアムフライデーのデメリットについて

プレミアムフライデーのデメリットについて

1.時給労働者の収入の減少

労働時間が減った分、時給で働く非正規社員・派遣社員は収入減となり、消費は当然減少する。

引用元:wikipedia

プレミアムフライデーが導入されたことにより、時給で働くアルバイトの方が通常より働く時間が短くなり収入が減ってしまうというデメリットがあります。
確かに時給で働くアルバイトの方にとっては本来稼げるはずだった収入が得られないのは正直キツイですね。消費行動が減少するのも無理もありません。

2.サービス業労働者へのしわ寄せによる負担増

居酒屋などのサービス業では15時退社のサラリーマンを獲得するため普段より開業時間を早める店もあり、労働者の労働時間を増加させ余暇を奪う結果となっている。

その結果、プレミアムフライデーによるしわ寄せでサービス業の労働者負担増が懸念されている。

引用元:wikipedia

プレミアムプライデーが導入されたことで、経済が動くきっかけになることはいいことだと思います。

しかし、サービス業で働いている方にとってはいつも以上に忙しさが増すだけで特に給与が増えるわけでもありません。

それどころか、普段より働く時間が長くなったり、サービス残業などが発生することもあり、労働者の負担が増しているのが現実です。

特にアルバイトの方にとっては普段より忙しいのに待遇が変わらない!ときたらできればシフトを入れたくないと思ってしまうことでしょう。

3.繁盛期との競合

月末は企業の月次決算作業などと重なり早く退社することが難しいという意見が多く、月初の金曜日に変更してほしいとの要望が出ている[8]。特に2回目の実施日は、多くの企業が年度末としている3月の最終日という多忙を極めることが容易に推測できる日に設定されており、早期退社が1年の中でも最も困難であると唖然失笑の意見が噴出している[9][10]。

引用元:wikipedia

プレミアムプライデーが実施されるのは月末の金曜日と決められています。しかし一般企業のほとんどは月末は仕事が忙しいものです。

そんな忙しい時に仕事を早く切り上げて帰ることができるのでしょうか?

仕事を早く切り上げるためにプレミアムフライデーの前後に仕事を振り分けることで、プレミアムフライデー実施日の前後が忙しくなってしまったり、そもそもプレミアムフライデー自体を実施することが不可能と判断し取り入れていない企業も多く存在しています。

4.中小企業への波及

大阪シティ信用金庫の調査によると、プレミアムフライデーを実施した中小企業はわずか2.4%に留まる。

特に運輸業は実施した企業は皆無であり[11]、顧客の理解と協力が得られない限り、午後3時で仕事を終えるのは不可能であり、金融関係も月末の金曜午後は最も忙しい時期であるため、職場でもプレミアムフライデーの話題はまったくないのが現状である。

プレミアムフライデーは大企業が先行して制度化し、取引先である中小企業などにも波及、一般化できるかが課題となる。ただ、中小企業にとっては、取引慣行の見直しにまで手を付けざるを得ない面があり、現状ではハードルが高い状況である[12]

引用元:wikipedia

プレミアムフライデー導入直後は何かと話題になりマスコミやメディアで取り上げられていましたが、中小企業で実際にプレミアムフライデーを実施した企業はほんのわずか。

さらには業種によって導入自体がほぼ不可能であり。今後一般化していく上の課題となっています。
実際、今まで何度がプレミアムフライデーが実施されていますが、回数を重ねることで話題に持ち上がってくることが少なくなってきている印象があります。

このようにプレミアムフライデーは良い面もありますが、デメリットも多く存在しています。

今後これらの問題を解決できれば、より良い結果が求められそうですが、現実は厳しいのではないかと思います。

そんなプレミアムフライデーですが、いつもより早く帰れることが皆無、それどころかいつも以上に忙しいし、場合によっては残業をしなければいけない・・・。サービス業で働いているアルバイトの方にとってはありがた迷惑なんてこともあることでしょう。

そこでプレミアムフライデーに忙しくなるバイトとはどのような業種なのでしょうか?今回はその一部ご紹介いたします。

プレミアムフライデーで忙しくなるバイトってどんなバイト?

プレミアムフライデーで忙しくなるバイトってどんなバイト?

月末の金曜日は15時に仕事が終わるプレミアムフライデー。いつもより仕事が早く終わるこの日に皆さんはどのように過ごすのでしょうか?

多くの方はデパートやショッピングセンターに買い物に行ったり、レストランでご飯を食べに行ったり、居酒屋にお酒を飲みに行ったり、レジャー施設に遊びに行ったり、仕事が早く終わることで普段中々いけない旅行に行かれる方も多いことでしょう。

このようにプレミアムフライデーの過ごし方を調べてみると、ショッピング、食事、居酒屋、旅行、アミューズメント施設やレジャー施設などで過ごす方が多いようです。

これらの事実からサービス業で働く方はいつも以上に忙しくなることは間違いありませんね。

では実際にプレミアムフライデーに忙しくなるバイトの一例をあげていきましょう。

1. 飲食店

飲食店
午後3時に終わるプレミアムフライデーには飲食店に食事に行かれる方が多いです。

家族みんなで行けるファミリーレストランや回転寿司。また、大切な方といつもより少し豪華な奮ディナーを食べにレストランに行ったり。サラリーマンの方は日が出ている時間から同僚と居酒屋さんに足を運んだり。これらの飲食店で働いているバイトの方はいつも以上に忙しい時間を過ごすことになりそうですね。

また、飲食業界ではプレミアムフライデーに合わせたクーポンなどを配布しているお店も多くみられるので
クーポンを上手く利用していつもは行かないお店で食事をゆっくりと楽しんだりできますね。

忙しくなる飲食店アルバイト(一部抜粋)

  • ファミリーレストラン
  • 居酒屋
  • 回転寿司
  • 豪華なレストラン

2. デパートやショッピングセンター、百貨店などの商業施設

デパートやショッピングセンター、百貨店などの商業施設
仕事が早く終わるプレミアムフライデー。仕事のため都心で働いている方も多いと思います。まっすぐ帰宅するのもいいですけど、お買い物をゆっくりして帰ろう。という方も多いことでしょう。

都心では地元にはない有名デパートなどの商業施設が多く存在します。プレミアムフライデーではいつもの平日には閉まってしまうお店でゆっくりとお買い物を楽しめます。ということでデパートやショッピングセンターなどの商業施設でアルバイトをしている方もいつもより忙しくなることでしょう。

忙しくなるデパートやショッピングセンターのアルバイト(一部抜粋)

  • アパレル関係のお店
  • 雑貨屋
  • スーパー
  • カフェ

3. アミューズメント施設やレジャー施設

アミューズメント施設やレジャー施設
プレミアムフライデーは月末の金曜日の午後3時に仕事が終わりますよね。そのため通常の土日休みより半日分時間に空きができるわけです。休みが2.5日あると考えていいと思います。

その時間を利用して旅行に出かけたり、家族を連れて遊園地やなどのレジャー施設に出かけたり、友達や同僚とカラオケに行ったり、ボーリングやビリヤード、ゲームセンターになどに行かれる方も多いようです。

忙しくなるアミューズメント施設やレジャー施設のアルバイト(一部抜粋)

  • 遊園地などのテーマパーク
  • ボーリング
  • ゲームセンター
  • カラオケ

プレミアムフライデーで忙しくなるバイトはサービス業全般だった

プレミアムフライデーで忙しくなるバイトはサービス業全般

プレミアムフライデーに忙しくなるバイトを紹介して行きましたが、簡単にまとめるとサービス業全般の方は忙しいと思って間違いありません。

サービス業界で働いている方は、土日や祝日、お盆や、年末など稼ぎどき言うこともあり、休まず働いてくれています。そのためプレミアムフライデーも例外ではありません。

商業施設や飲食店などはもちろんのこと、連休に家族や友達とお出かけするようなスポットでもたくさんの方で賑わっていることから普段以上に忙しくなるバイト先と言えることでしょう。


ライタープロフィール:KEN

バイト経験:ファミレス、引越し屋、イベントスタッフ、倉庫内作業、派遣・短期バイトなど。

現在の職種:WEB制作、デザイナーとしてホームページ制作に携わっております。

趣味:温泉が好きで日本全国渡り歩いています。