ひば猫@hivacat.org

個人的においしいと思った求人を毎日発掘して、紹介していくブログです。

この服装がNG?女性のための転職活動時の面接の服装解説

男性と女性では、転職の面接で考慮すべきポイントが多くなります。女性はインナーの種類やメイク、アクセサリーなど、男性よりも細かいところに注意を向ける必要があるからです。

また自分自身の年齢や応募する職種など、考慮すべき要素がいくつもあります。実際転職の面接はどんな服装でいけばいいのか、迷った経験がある、という女性も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、スーツやインナー、靴や鞄も含めた女性のための面接の服装の選び方を紹介していきます。

 

面接の服装の大原則!清潔感を優先させよう

女性が転職の面接で服装を選ぶ場合、最初に考えなければいけないことがあります。それは清潔感です。これは男女共に共通することでもありますが、受付や営業など人前に出る職種の場合、面接では清潔感がより厳しくチェックされます。

では人前に出る仕事でなければあまり意識しなくてはいいのか、と思うかもしれませんが、そういうわけでもありません。清潔感があることは、社会人としての最低限の身だしなみでもあるからです。

どれだけエントリーした会社を意識した服装を用意しても、スーツに目立つ汚れがあれば、印象としては悪くなってしまいます。面接の服装を選ぶ場合は、清潔感を何よりも優先させて考えることが欠かせません。

 

どんな業界でも面接の基本はスーツ

男性の転職の面接の基本はスーツですが、それは女性でも同じです。もちろんジャケット着用であればスーツでなくても、NGではありません。しかし面接はスーツで挑んだ方が好印象となる可能性が高くなります。

スーツを揃えることは面倒なことでもありますが、その手間を惜しまずに準備していくことが、働きたいという熱意を伝えることにもなります。実際に私の知るベンチャー企業は私服勤務が基本ですが、スーツ着用の求職者に対して、そうでない求職者よりも良い評価をしていました。

では女性が転職の面接ではどんなスーツが望ましいのか、そのポイントを見ていきましょう。


 

スーツの色

スーツの色は、黒もしくはネイビー、グレー、ベージュを用意しましょう。茶系の落ち着いた色でもNGではありませんが、転職の面接では一般的な色を選んだ方が無難です。間違っても、白や赤など、パーティーで着用するようなカラーを選んではいけません。
 

スーツの柄

転職の面接では、できるだけスーツの柄は無いものをおすすめします。チェック柄でも色が黒系で統一されているなど、地味なものであれば採用担当の心象に触ることなく、乗り越えられるかもしれません。しかしそもそも柄があるスーツは面接には相応しくありません。
また派手な柄のスーツは業務でもNGとなる場合があるので、柄があるスーツを選ぶとしても注意が必要です。
 

スーツのボタン

面接でスーツを着る際は、ボタンをしっかりととめましょう。これは男性、女性に共通することです。ただしジャケットのボタン全てをとめればいいわけではありません。ボタンが二つなら、上のボタンを、ボタンが三つあるなら上から二つ目のボタンをとめることが基本です。
 

スーツの丈

面接でスーツを着るなら、自分に合わせた丈のスーツを選びましょう。サイズが合っていなければ、何とも頼りない印象になってしまうからです。スカートなら、膝の中心または、膝下程度が基本です。パンツの場合は長くなり過ぎず、ヒールにかかる程度です。少し長いと感じる場合、裾上げは必ずしておきましょう。

 

パンツスーツを転職の面接に着てもいい?

女性が面接を受ける際、スカートにするのかパンツにするのか、これらは迷うところです。これは結論からお伝えするとどちらでも構いません。しかし応募する職種によってどちらを選ぶのかを見極めることが大切です。

例えば受付など、女性ならではの職種に応募する際は、女性らしさが求められている可能性が高いため、スカートの方が適しています。その逆に営業職など男性と同じようにアクティブに行動する職種であれば、パンツの方が適しているといえるでしょう。

どちらを選ぶのかは、応募する企業が求める人物像や職種から考えることをおすすめします。

 

女性が受ける面接は靴と鞄(バッグ)はどんなものがいいのか

女性の転職の面接では、靴選びも重要なポイントの一つです。靴を選ぶ時は、スーツに合わせたものを選ぶことが肝心です。色に関しては黒、もしくはスーツや鞄に合わせましょう。またヒールが全くない靴や、ヒールが高過ぎる靴はNGです。ヒールの高さは3センチから5センチ程度のものを選びましょう。
 

鞄(バッグ)の選び方

鞄(バッグ)に関してはビジネスバックが基本です。ビジネス文書を取り扱うことを想定して、A4の大きさが入る鞄を用意しましょう。色に関しては靴と同じく、黒またはスーツや靴の色に合せることが基本です。プライベートで使うような小さなサイズとは切り分けて準備することをおすすめします。

 

インナーは何を着ればいい?

インナーは白のシャツ、ブラウスもしくはカットソーどれを選んでもOKです。ただしフリルには注意が必要です。フリルは多少あっても問題ないですが、派手なものはNGです。また色に関しては淡い色であれば、多少は薄くブルーやピンクでも問題はありません。

ユニクロなどのチェーン店でも、比較的リーズナブルにそういったインナーを揃えることもできますが、カジュアルな雰囲気にならないように、無難なものを選ぶことをおすすめします。

 

服装の指定がない場合はビジネスカジュアルでもOKなのか?

ベンチャー企業など、私服勤務が基本の会社では、面接の服装を指定していないことも珍しくありません。そういった企業の面接では、ワンピースやビジネスカジュアルでも問題ではありませんが、基本的には避けた方が無難です。

その理由は先に述べた通りですが、スーツを着用していることで社会人としての常識を持っていることや清潔感、そして転職への熱意など、印象として様々なことを伝えることができるからです。

またメイクはナチュラルメイクが基本です。グロスやつけまつげなど、プライベートで使っていたとしても、面接では避けることをおすすめします。

 

【夏と冬】それぞれどんな格好をすればいいのか

女性の面接の服装は、基本はここまでお伝えした通りですが、夏と冬は季節に合わせた服装にすることも大切です。夏でもスーツを着ていることが望ましいのは変わりませんが、暑さを考慮しなければ、長時間の面接の場合、途中でへばってしまう可能性もあるからです。
 

女性の面接/夏の服装

夏に面接を受けるなら、薄手のジャケット、またはノーカラージャケットとパンツを組合わせる服装も選択肢としてあります。色は黒やグレー、ベージュなどスーツを選ぶ時と同じように落ち着いた色で揃えましょう。

もちろんこういった服装を受け入れてもらえるのか、選考が進んでいる企業への、ある程度のリサーチは必要です。しかし昨今はクールビズも普及しているので、ベンチャー企業など対応が柔軟な企業であれば、そういった服装でも問題はありません。
 

女性の面接/冬の服装

女性が冬に面接を受ける場合でも、基本はやはりスーツです。このことを前提に防寒のための服は選ぶ必要があります。冬場のセーター着用は、もちろん問題ありません。しかしセーターは色の選択には注意が必要です。黒や紺など、できるだけ落ち着いた色のものを選びましょう。

またコートは企業に入る前に脱ぐのが基本ですが、何でもいいわけではありません。面接の場合はベージュなど、派手ではない色のトレンチコートがおすすめです。

ダウンジャケットなど普段着用するアウターだと、どうしてもカジュアルな雰囲気となってしまいます。印象を少しでも良くしたいのであれば、女性の冬の面接はアウターも準備することをおすすめします。
 

 

【まとめ】女性の転職における面接の服装は、プライベートの自分とは切り離して考えよう

ファッションへのこだわりがある程度強ければ、ナチュラルメイクやスーツの着用には、少し抵抗があるかもしれません。しかし転職の面接で大切なことは実際にできることやこれまでの経験、熱意など、人間性の部分です。服装は社会人としての最低限のマナーの有無など見極めの要素もあるので、そこは無難にマイナスの印象とならないように、プライベートの自分とは切り離して挑むことをおすすめします。

またリクルートスーツの着用についても迷うところですが、ある程度職務経歴があれば、避けることが無難です。20代後半~30代になると特にですが、リクルートスーツにはどうしても「新人」というイメージがあるため、過去の経験をアピールするような面接の場面に相応しいとはいえません。

これから面接を受けるなら、どのような印象を与えるのか面接官の立場となって考えることが欠かせません。服装を選ぶ際も、面接官の視点で考えてみてはいかがでしょうか。